革張りソファ

ソファと一言で言っても、ソフトレザーや合成皮革などいろいろな張り材のソファーがありますが、やはり一番満足出来る張り材と言えば本革の革張りソファではないかと思います。
革張りソファの高級感はご家庭のリビングはもちろん、会社やホテルなどに置いてあってもその存在感を発揮します。ビニール系のソフトレザー合成皮革のソファや安っぽい布張りのソファ、最悪なのは張材の無い単なる椅子、チェアのたぐいです。これではお客様に心地よい空間をご提供することができません。打ち合せや商談にも影響を与えてしまいますし、あなたの会社の品格も問われてしまうかもしれません。

高級な革張りソファの満足感は商談を成功させます

とりわけソファの中でも高級な革張りソファに腰を下ろした際のその感触は、少し反発感を与えながらもその後包み込んでくれるような何とも言えない満足感に酔いしれます。
プライベートでも本物志向の方はソフトレザーや合成皮革には満足出来ない面があり、どうしても本革の革張りソファを選択されていることが多いのです。とりわけ本革を愛されている方はお分かりかと思いますが、ジャンパーや財布・ベルトなどにも本革が使用されている場合には、擦れた傷一つにも年輪のような歴史性が垣間見られ味わい深い物と変化します。
このクラスのこだわりの強い方々にとって高級な革張りソファを選択されることは、ある意味当然の結果であり、ホテルや会社の応接室に普通にこのクラスの革張りソファが置いてあることは、ひとつの評価基準となるかもしれません。

もちろん、良いソファが置いてある事をいちいち口に出して言うお客様は少ないかもしれません。しかし、「あの会社の応接にあったソファは良いソファだったな」と意外と覚えているものです。その高級感、お客様へのおもてなし。見えない所で商談をバックアップしているかもしれません。

[event]