革張りソファのチェックポイント

革張りソファの基本

ソファに使われる素材には、いくつかの種類があります。中でも革素材が使われたソファは、非常に光沢感があるものとして知られ、革張りのソファでは、高級感を感じるものが多くあります。

また、革張りソファでは、脚部などのフレームにスチールやステンレスを使っていることから、とてもしっかりとした雰囲気と、存在感を向上させるものとなります。中でも本革を使ったソファには、有名デザイナーや建築家などがデザインしたソファが有名で、これらは、今でも世界中で人気のあるソファとされています。そこで、合皮素材を使っているソファが多い中において、革素材を使ったソファは、グレードの高いものとして扱われています。

革張りソファでは、仕上げ方法として、座面の中材がズレたりしないように、キルト加工を行います。そこで、革張りソファでは、デザイン性が高いものが多く、お部屋では、家具という機能を超えて、インテリア性を向上させる役割を果たしてくれるものとなります。

革張りソファのカラー

革張りのソファには、独自の印象を表す素材感がありますが、革張りでは、カラーの使い方によって、お部屋空間を向上してくれるものです。ブラックやブラウンなどのシックなカラーを用いたソファでは、応接間などに置くと、インテリア性のある家具となるため、とてもよいとされています。

しかし、ブラックカラーのソファでは、威圧感や圧迫感を感じるものです。そこで、大き目のソファでは、圧迫感を感じないようなレイアウトやコーディネートを行なう必要があります。また、革素材のソファは、比較的にカラーが豊富です。そのソファの風合いや光沢感を高めて、インテリア性を出すことができるようになります。

革張りのソファでは、染めたものが多くありますが、通常の染めたものは傷をつけると、痕が残ったりするものです。そこで、傷をつけても白くならないソファを使うとよいとされています。染め方として裏側から染めたものがあり、このタイプのものでは、色はげするようなことはありません。

革張りソファのお手入れ

革素材のソファの場合、お手入れは重要です。革には、なめらかなものから硬いものまであります。革製品の多くは、まったく加工しないで使われているため、天然素材としての素材感が生かされたものとなり、素材そのものの質感を味わうことができるようになります。そこで、革素材のソファでは、合成の革では味わえないナチュラルな感触と手触り感、座り心地のよさを実感することができるでしょう。

革素材のソファでは、高級感があるため、応接や書斎で使うことがよくあります。上品なソファでは、お部屋をより一層、引き立ててくれる役割を果たしてくれるものとなります。また、ソファは、汚れやすいものです。コーヒーやお茶をこぼすことはよくあることですが、革素材は、専用クリーナーなどを使ってお手入れをすることで、シミを防ぐことができるようになります。

革張りのソファでは、その感触や発色を長く維持するためには、こまめなお手入れが必要とされています。

[event]