革張りソファ

革張りソファに使われる革の量は、女性のハンドバッグに用いられるオーストリッチやクロコダイルのような少ない量とは比較になりません。多くの場合には牛革が用いられています。大量に革が必要なことと、高級な革張りソファの場合はその品質も問われます。当然そのような革張りソファは価格も高くなりがちです。その高級感溢れる肌触りや質感を見れば当然とも言えます。

これからもソファと言えば革張りソファ。

近年、技術が進歩して通気性や肌触りが格段に良い繊維や合成皮革が開発されています。本革とはまったく違う素材をもとにしたソファで、ある意味で別の魅力を持ったソファもたくさん誕生しています。しかし、本革の持つ深い質感と高級感には正直及ばないのではないでしょうか?

そうした高級感のある革張りソファを会社やホテル、自宅のリビングなどに設置した際の、ひとつの達成感。これは実際に購入された方しか味わえないものでしょう。しっとしとした革張りソファの質感がお部屋の雰囲気も変えてくれます。革張りならではの醍醐味です。

革張りソファの良い点としてメンテナンスが楽な点があります。
確かに布のソファに一度でもドレッシングなどをこぼした際には、まず落ちないでシミとなって残ってしまうでしょう。その点、革張りソファの場合にはすぐに拭き取れば布貼りソファーのように、後々シミになって残るという程のものでもありません。

ただし、どんなソファでもそうですが、良い状態で長く使っていくには、定期的なメンテナンスが大切です。何のメンテナンスもしないで放っておくと、直射日光や熱などにも弱いのでゴワゴワになってひび割れてしまったりもします。メンテナンスと言ってもそれほど大変ではありません。
たまにクリーナーできれいにしたり、ワックス入りのクリームなどで拭く程度のメンテで充分です。

やはり、ソファは革張りソファが一番です。

[event]