合成皮革ソファ

合成皮革ソファの商品解説でよくPUPUレザーといった表記を見かけます。
PUはポリウレタン(Polyurethane)の略で合成皮革に使われています。ソファの表記でPUと言えばPUを混ぜた合成皮革を意味します。
同じソファの人工素材としてポリエステルやPVCがありますが、PUの合成皮革ソファはワンランク上で、肌触りがよく撥水性に優れているという特徴があります。

もちろん本格的な感触や質感をお求めなら、本革の革張りソファをおすすめします。しかし、予算の関係等で本革が選べない場合、合成皮革/PUレザーのソファはコストパフォーマンスの観点からもお勧め出来るものです。最近は合成皮革ソファも大変品質がアップしており、侮れません。

合成皮革ソファで一押しのPUレザーについて、もう少しお話しましょう。

いろいろな特徴がありますが、最大のメリットはPUレザーのソファは撥水性が高いことでしょう。小さなお子様やペットなどがソファを汚しても水拭きで簡単に汚れをとることができます。(ただし水拭きした後は乾拭きで水分を残さないようにしましょう)
また、PU素材のもうひとつのメリットとして大変柔らかい肌触り、感触が楽しめるのも大きな特徴と言えるでしょう。他の合成皮革と比べて経年による劣化がしにくいため長持ちするというのもPUの特徴です。

一方、PU素材のデメリットとしては本革と比べて、多少ですが、耐久性が劣ると言われています。あくまでも一般論としてであり、それぞれのソファのランクや状態、設置される環境で耐久性は大きく変わります。そしてこの点以外にこれといった大きなデメリットが見当たらないのが合成皮革/PUの素晴らしいところでもあります。

ソファに何を求めるか、人によって様々だと思います。
合成皮革/PUは、価格も本革よりもリーズナブルですし、優れている点も多い素材です。購入時にはご検討するのも良いかもしれません。

ワタリジャパンセール