合成皮革ソファのお手入れ

合成皮革ソファのお手入れは本革よりも気を使わないでもよいですが、お手入れの際は傷がつかないように注意する必要があります。
基本的なお手入れはタオルや布でホコリや汚れを乾拭きで拭き取るだけでよいのですが、掃除機でホコリを取る場合は注意が必要です。
そのままの状態で革ソファにガーッと掃除機をかけてしまうとさすがに傷がついてしまいますので、先がブラシになっているノズルに変えて掃除機でホコリを吸い取りましょう。
掃除機のブラシはあまり普段使う機会がないですが、実は革ソファに使えるんです。

合成や人工皮革の革ソファの場合、乾拭きだけでは汚れが拭き取れない場合は、中性洗剤をぬるま湯で薄めて布で拭き取ります。
水拭きした後に乾拭きするのを忘れないようにしましょう。

革張りソファではこの方法は行わない方が良いでしょう。本革に水気は変色してしまったり固くなることがあります。革は水に弱いので乾拭きは必須です。保護クリームを塗る時も水気をよく拭きとってから使用しましょう。

合成の革ソファのお手入れも本革と同様に傷がつかないように注意を払いながら行います。傷がついてしまうと修復できないので優しくお手入れしてあげましょう。
水分が残らないように最後に乾拭きすることも忘れないようにしてあげましょう。

[event]