革張りソファのメンテナンス

選びに選んで悩んで悩み抜いて購入した超お気に入りの我が家の革張りソファ。
これだけ時間をかけて選んでそれなりに金額もかけて買ったソファ。早々買い替えできるものではありません。一生物とまではいかないまでもそれなりに長い時間大切に使って行きたいものです。そのためにも自宅に届いたその日から、丁寧にお手入れをすることが大切なんです。では革張りソファのメンテナンスのおさらいを少ししておきましょう。

革張りソファといえば天然の本革が基本です。本革の質感を長い時間楽しむ為には定期的なメンテナンスが必要です。

ソファの置き場所に気をつける

ソファの置き場所は重要です。直射日光が当たる場所が厳禁です。もしどうしても日光が当たる場合はカーテン等で直接日が射さないように注意してください。また、エアコンやストーブなど極端に寒暖差が発生する機器の影響を強くうける場所もだめです。色が変わってしまったり、表面が乾燥して割れがでたり、逆に湿気でカビが発生する事もあります。他の家具等とくっついて設置することもあまりソファには良くありません。できれば少し離して風通しを良くしてあげてください。
また、床面がクッションフロアや柔らかい木材のフローリングの場合、脚部の塗装と床面が反応して汚れをつけてしまったり、凹み等のキズをつけてしまうことがあります。その場合は事前に床面保護用の家具用フェルト材等を敷いてください。

本革ソファ用のメンテナンス用クリーナーやプロテクションクリームを使う。

専用クリーナーまず、ソファの上を柔らかい乾いた布で軽く拭いて下さい。特別なお手入れは年に2回ほど、本革ソファ専用のメンテナンス用クリーナーやプロテクションクリームを使って磨き、そのあと柔らかい布で、クリームが残らないように拭いて下さい。クリーナーは本革ソファ用を必ず使用して下さい。靴用クリームや自動車用ワックス、ベンジン、シンナー等は絶対に使用しないでください。一番最初にクリーナーを使用する際には、目立たない所で試用してみて、張地に影響がないことを確かめるのも大切なことです。
本革ソファを単純に水で濡らした布で拭く事もよくありません。本革は水や湿気に弱いので専用クリームか乾拭きをしてください。

[event]